CONCEPT

グリは"繋がり(ペアリング)"を大切にしている20席のレストランです

9皿から成るコース料理にて季節を感じるお料理をディナータイムでは提供しております。
素晴らしき生産者から預かった旬の食材を使い独創的な組み合わせと調理法で作り出している一皿一皿。
そんな料理を僕らは”ガストロノミー”と呼んでいます。
ドラマティックな映画を体験しているかのようなストーリー性のある料理を気軽に楽しんでいただけるレストランがグリです。

フランス料理、イタリア料理、北欧料理に象徴されるヨーロッパの調理法がベースにはありますが、日本料理の技術や和食材も自由に取り入れアジア料理や中華、南米料理などの世界中からインスピレーションを受け自由な皿を表現しています。
本当に”旨い”料理を追い求めた先にグリの料理はボーダレスでジャンルレスになりました。

東京に在るレストランの一つとして、料理における日本文化の継承者という大事な役割を担い世界との”繋がり”、過去と未来へ架け橋で在るという想いを大切に日々お店に立っております。

料理と”繋ぐ”飲み物はワイン、日本酒、ビール、カクテル、自家製のジュースなど和洋折衷ジャンルを問わず自由な発想から料理との最高の相性のものを厳選したドリンクペアリングコースのご用意がございます。
当店の飲み物は料理と一緒に楽しんでいただくことでより一層”旨さ”を引き出すことができる最後のスパイスのような役割があります。
また、アルコールの苦手な方や妊婦の方にもペアリングドリンクを楽しんでいただけるようにとノンアルコールジュースペアリングコースのご用意もございます。
料理と飲み物の切っても切れない”ペアリング”の相乗効果をお楽しみください。

私達は料理に使われる食材やワイン、器の生産者との”繋がり”を特に大切にしております。
丁寧に愛情を込めて作った食材、ワイン、器に敬意を払い、時にはシンプル、時にはテクニカルにそのものの持ち味の良さを最大限に引き出した一皿をご用意してスタッフ一同お待ちしております。

ゲスト、スタッフ、料理、飲み物、器、花、音楽、空間、生産者、代々木上原、東京、日本、世界、過去、現在、未来。

お店を支える全ての要素が円を描くように手を繋ぎペアリングしているレストランがグリです。

"‘Gris’ is a 20-seat restaurant that cherishes the concept of “connection” (pairing)

Gris invites you to dine with ease, experiencing dishes like a film with a rich narrative. The dinner courses invoke the seasons, with each dish creatively arranged using seasonal ingredient; we call this “gastronomy”.

Although the dishes are based on European styles ‒ primarily French, Italian and Northern European cuisine ‒ we are inspired by all corners of the world. From Asian to South American cuisines, Gris utilises Japanese techniques and ingredients in expressing free-form plates. Gris’ genre-defying style is the by-product of the ongoing pursuit for truly delicious cuisine.

As a restaurant based in Tokyo, Gris places great value on Japanese cuisine and culture. At the same time, it aims to connect with the world at large. We operate day-to-day with the belief that we stand as a bridge between the past and future.

The drinks that connect the dishes include: wine, sake, beer, cocktails and homemade juices which don’t subscribe to rigid Japanese and Western genres. Rather, the most compatible options are carefully selected for each course.
By enjoying specific drink pairings, each experience is heightened, like the final spices that draw out the flavours of a dish. For non-drinkers, there is the option of the non-alcoholic juice pairing course.
Please enjoy the inseparable “pairing” of food and drink.

Great value is placed on the connection of the ingredients, wine, equipment and the producers involved in the process.
We pay homage to these things by crafting each dish ‒ whether simple or highly technical ‒ with the greatest love and care in order to draw out the best possible taste.

Guest, Staff, Cooking, Drink, Instrument, Flower, Music, Space, Producer, Yoyogi Uehara, Tokyo, Japan, World, Past, Present and Future.

Gris is where all the supporting elements of the restaurant draw out a circle like the pairing of hands."